読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトサイダーになりたいキモチ。

f:id:hynm_plant_soil:20160217194143p:plain

 

なんでだろ〜・・・と思うんです。

いつだって「アウトサイダー」に憧れちゃうのはなんでだろ〜、と。

 

OUTSIDER(アウトサイダー)、所謂、「ならず者」。

 

よくファッション誌でも目にする「アウトサイダー特集」。

ミュージシャンや俳優、芸術家など・・・。 

 

デニス・ホッパー、ジェームス・ディーン、ジミ・ヘンドリックスカート・コバーンジャック・ケルアックサリンジャー。何故か分からないけれど、男はいつだってアウトサイダーに憧れを持つものじゃないでしょうか。

 

TRAVISの曲に “NEW AMSTERDAM” という曲があります。

 

Jean-Michel Basquiat, Francois Truffaut,
Robert Zimmerman and de Niro
Paris, Texas - end of the world〜♬

 

歌い出しで出てくる Jean-Michel Basquiat。

皆さんもご存知のジャン・ミシェル・バスキア。バスキアは1960年、ブルックリンで生まれたグラフィティアーティストです。17歳の頃から地下鉄、スラム街地区の壁などにスプレーペインティングを始め、1983年にはアンディ・ウォーホルと知り合い、彼の才能に魅了されたキース・へリングらのサポートによって、バスキアは一躍時代の寵児となりました。

 

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217194224p:plain

 

 

1960年代、ウォーホルが世に放ったマリリン・モンローやキャンベル缶を機として、打ち上がった“ポップアート”の花火。ストリートドローイングをアートに昇華したキース・ヘリング。そして、バスキア。96年に公開されたジュリアン・シュナーベルが制作を指揮した映画「バスキア」。皆さん、ご覧になりましたか?

ウォーホル役にデビッド・ボウイ、その他 デニス・ホッパーゲイリー・オールドマン、ベニチオ・デルトロ、コートニー・ラブ!!!!今考えると、最強すぎる布陣ですよね!!これはもはや、今のバルセロナアグエロとマタが入っても敵わないくらいです(かえって分かりづらい)。

 

しかも、サウンドトラックにはPIL、PJ・ハーヴェイ、ストーンズブライアン・イーノ・・・・??!  

「姉さん、事件です」な豪華メンバー!!

 

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217194354p:plain

 

 

これは一見の価値有りなので、音楽好きの皆さん、ぜひご覧下さい。

 

さて、Plant&Soilでも大人気のブランド『HUMIS』!

毎シーズンコンセプトを設けて、独特の世界観を展開するHUMIS。

これまでも、テスラレイナルド・アレナスら世界の偉人をモチーフにしたコレクションが話題を呼んでいます。

 

HUMIS、今季のテーマは「Paint it Black」。

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217194432j:plain

 

 

時代の寵児として祭り上げられたバスキア、ウォーホル、ヘリングら3名の心の葛藤や世間体、規制、束縛。世間とリアルな自分とのギャップをなくすために自らを黒く塗りつぶす。スラムにいた時の楽しさや自由を思い出す・・・。そんな彼らの二面性の心理をHUMISは「Paint It Black」という言葉で表し、今季のコレクションを発表しました。

 

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217194503j:plain

 

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217194556j:plain

 

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217194613j:plain

 

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217194533j:plain

 

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217201931j:plain

 

 

 

 

春夏シーズンが到来し、HUMISの新作もPlant&Soilに続々入荷しています!!

HUMISの圧倒的な存在感・・・・ぜひ、その目で肌で感じ取って頂きたいです★

 

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217194714j:plain

 

 

 

 

話は変わりますが、僕もほそぼそイラストレーターDansonとして絵を描かせて頂いています。本日、イラストレーターとしてのinstagramを開設させて頂きました。

これまでに描いた落書きをちょこちょこアップしていこうと考えています。

ぜひ、覗いてやってください♬

 

 


 

 

f:id:hynm_plant_soil:20160217194835j:plain

 



アウトサイダーで在ること」・・・・・・

「ならず者だ、あいつなんて」と吐き捨てるのは簡単です。

 

大抵の人間は誰かが決めた「当たり前」というまっすぐなレール(世間体)を進もうとします。初めのうちはその「まっすぐ」さに快適さを感じるものの、そのうち、つまらなさを感じてしまったり・・・

 

アウトサイダーと言われる人間は、レール(世間体)など気にせず、自分の感覚を信じて自由に進みます。でも、その自由さは実はとてつもないプレッシャーの下で成り立つ自由・・・。アウトサイダーアウトサイダーなりに実は大きな困難のなかで生きているんだと僕は思うんです。

 

だからこそ、アウトサイダーはキラキラ輝いて見えるんでしょうね。

世間体の範疇で生きる者は、それを「羨ましい」と思い、同時に疎ましくも思っちゃう。僕らの抱くアウトサイダーへの憧れは、ある意味「自分がしたくてもできないコト」への強い当惑感の表れなんだと僕はこの頃思います。

 

 

現在、僕はある意味アウトサイダーです。

 

なぜなら、深夜にも関わらず、世間体を気にせずパンとか食べています。

世間体??ライザップ?? ・・・そんなの関係ない。

 

 

食べたいものを食べたい時に食べる。その行為の何が悪いというのだろうか。

ちょっと服のサイズが変わるかもしれないという困難を前にしても、僕は今、アウトサイダーでありたいと切に思う。きっと、今夜も食べる(笑)。

 

 


New Amsterdam - (The Boy With No Name) - Travis

 

 

Plant&Soil.
Producer / Dan Shinjo.

1-1-3 Asato Naha Okinawa JPN.
098-943-0017
info@plant-soil2014.com

instagram : https://www.instagram.com/dan_shinjo/
Danson Graffiti : http://www.dansons-graffiti.com